新潟三条の伝統鍛冶関連情報

  • 三条市
    ▲ 三条市ホームページ
    三条の伝統の技のご案内
  • 三条鍛冶道場
    ▲ 三条鍛冶道場
    ホームページ
  • 日野浦刃物工房
    ▲ 日野浦刃物工房
    ホームページ


箸付鉈『下田型』 両刃 黒打ち 180mm

価格: ¥31,790 (税込)
数量:
在庫: 3丁
twitter

箸付鉈『下田型』 両刃 黒打ち 180mm

商品の特徴

薪割りや木炭を砕く作業に使いやすい一品

新潟県旧下田村(現三条市)で使われていた鉈の形です。
箸付鉈は別名「石突鉈」とも呼ばれ、主に調木などの山仕事や農作業に使用されます。
握りやすく設計された白樫の柄とのバランスが良く、割込み鍛造で鍛えた厚みのある刃は耐久性抜群です。
刃の先端にある突起(はし)は、切り落とした枝を集めたり、打ち下ろした時の勢いで刃先が欠けるのを守るためについています。
両刃ですので、薪割りや木炭を砕く作業に使いやすく、アウトドア・レジャーシーンにおいて重宝する一品です。

腰に下げて携帯できる木製鞘付き
▲ 腰に下げて携帯できる木製鞘付き
注文番号 TN-HRK0180STD
品名 箸付鉈 下田型  両刃 黒打ち 180mm
ブランド銘 越後鍛冶「味方屋」
製造メーカー 日野浦刃物工房
種別 箸付鉈(石突鉈) 両刃
付属品 特大木製鞘
主なご利用シーン 調木、薪割り、農作業など
重量 約690g
寸 法 刃渡り 約180mm
刃幅 約60~70mm
全長 約340mm
材 質 刃先(鋼) 安来鋼 SK-5
地鉄 極軟鉄
樫(約180mm)
カシメピン

※すべて手作業による製造ですので、表記のサイズには若干の誤差がございます。