HOME >

東型 両刃 黒打ち 135mm

HNH-0040 東型 両刃 黒打ち 135mm

商品の特徴

キャンプ・暖炉・薪ストーブの薪づくりに最適

刃渡りは135mmと短めですが、厚みがあり、柄が長く力をかけやすい造りをしていますので、小型の斧として使用できる鉈です。この形状の鉈は、関東地方で古くから暖をとるための薪づくりなどに使われてきたため、東京型とも呼ばれています。割込み鍛造の打ち刃物ならではの丈夫な造りをしていますので、耐久性も良く、刃の自重で叩き割る鉈本来の作業性を存分に発揮します。刃当てカバーが付いています。

刃当てカバー付き
▲ 刃当てカバー付き
注文番号 HNH-0040
品名 東型 両刃 黒打ち 135mm
ブランド銘 越後鍛冶「味方屋」
製造メーカー 日野浦刃物工房
種別 東型(東京型) 両刃
付属品 刃当てカバー
主なご利用シーン 薪割り、板材・枯れ枝の整理など
重量 約710g
寸 法 刃渡り 約135mm
刃幅 約75mm
全長 約425mm
材 質 刃先(鋼) 安来鋼 SK-5
地鉄 極軟鉄
樫(約270mm)
カシメピン

※すべて手作業による製造ですので、表記のサイズには若干の誤差がございます。

東型 両刃 黒打ち 135mm

価格:

9,510円 (税込)

購入数:

在庫

1丁

友達にメールですすめる

この商品ページをご覧になっているお客様におすすめの関連商品

首曲り鉈 両刃 黒打ち 80mm

9,830円(税込)
[注文番号] HNH-0060 [全長] 約335mm [重量] 約510g [付属品] 刃当てカバー
厚みのある短めの刃に、柄尻にかけてふくらませた長めの柄が付いている、独特な形状をした鉈です。適度な重量と広めの作業範囲で、山林の枝打ちや、庭木の調木、薪割りなど、本格的な山仕事から日常的な作業・レジャーにいたるまで、幅広く活用できます。

箸付鉈 両刃 黒打ち 180mm

11,990円(税込)
[注文番号] HNH-0050 [全長] 約370mm [重量] 約610g [付属品] 刃当てカバー
石突鉈とも呼ばれ、主に調木などの山仕事や農作業に使用されてきた日本の伝統的な鉈です。刃の先端部の突起は、切り落とした枝を集めたり、打ち下ろした勢いで刃先を壊さないよう守るために付けられています。割込み鍛造で鍛えた厚みのある耐久性抜群の刃です。

鞘鉈 片刃 磨き仕上げ 210mm 鋸セット

25,600円(税込)
[注文番号] HNH-0014 [全長] 約440mm [重量] 鉈約550g、鋸約120g [付属品] 鋸、二丁差し木製鞘
切れ味と耐久性を兼備した七寸の鞘鉈に、永切れする鋸を合わせた、山林仕事のプロやヘビーユース向けの山道具です。太い木は鋸で、細い木は鉈で、本格的に山に入る時にに頼りになる二丁差しセットです。二本合わせて腰に下げて携帯できる専用の木鞘付きです。

鞘鉈 片刃 古型 黒打ち 165mm

11,450円(税込)
[注文番号] HNH-0013 [全長] 約360mm [重量] 約640g [付属品] 木製鞘
本格鍛造の黒打ち仕上げに、にぎりやすく丈夫な樫の柄を付けた腰鉈です。農山林作業などのプロユースよりも、やや小振りであつかいやすいサイズに造られています。枝打ち、薪削り、山菜取りなど、キャンプや山歩きを趣味にされている方におすすめしたい鉈です。

鞘鉈 片刃 磨き仕上げ 165mm

9,830円(税込)
[注文番号] HNH-0012 [全長] 約360mm [重量] 約640g [付属品] 木製鞘
森林の枝打ちや調木など、山道具の定番「腰鉈」として使われてきた形状の鉈です。鍛造鋼付けの鍛え上げた刃は、適度な重量感もあり、安心して力をいれることができます。やや小振りなあつかいやすい長さで、キャンプや山菜取りなどアウトドア全般に活用できます。

ページトップへ