新潟三条の伝統鍛冶関連情報

  • 三条市
    ▲ 三条市ホームページ
    三条の伝統の技のご案内
  • 三条鍛冶道場
    ▲ 三条鍛冶道場
    ホームページ
  • 日野浦刃物工房
    ▲ 日野浦刃物工房
    ホームページ


菜切包丁 両刃 165mm 青紙2号(黒打ち) 和包丁タイプ 義平切銘

価格: ¥13,903 (税込)
数量:
在庫: 在庫あり
twitter

GHK-5091

これぞ、伝統的和包丁

昔から日本の家庭で愛用されてきた菜切包丁を、女性の手にあつかいやすいように刃幅を狭くし、熟練の鍛造技術で鍛えました。打刃物ならではの黒打ち仕上げは、使うほどに独特の使用感を実感でき、高級刃物鋼の青紙2号で付けた鋭利な刃先は、料理好きの方にもご納得いただける切れ味です。

GHK-5091

匠のポイント~伝統ある鍛冶の町、新潟三条の匠が造る家庭用料理包丁~

  • ● 鋭い切れ味
  • ● 上品な黒打ち仕上げ
  • ● 研ぎやすい
  • ● 適度な重さ
  • ● 両刃包丁

刃物を造る鋼の材料として有名な日立金属社製の 青紙2号 を極軟鋼の地金で挟んで鍛えた包丁です。青紙2号は、主に高級刃物に使用される高炭素鋼で、耐摩耗性が高く刃物の切れ味が長持ちする鋼です。この上質の素材を伝統の鍛冶技術で黒打ちに鍛え上げ、食材を切る時の音や手に伝わる独特の感覚が楽しめる上品な包丁に仕上げました。柄の朴(ほう)の木は芯の丈夫な部位を採用し、刃と柄をつなぐ桂には高級感のある水牛の角を付けた本格派です。使うほどに鋭利な切れ味が実感できる料理好きな方におすすめしたい包丁です。

ご購入から1年間有効の研ぎ直しサービス付き

商品仕様

種別 菜切包丁/和包丁タイプ
刃付け 諸刃(両刃)
刃の長さ 約165mm
刃の幅 約50mm
刃の厚み 約1.8mm
全長 約310mm
重量 約160g
材質 刃部 日立金属社製 青紙2号
地金 極軟鋼
朴(ほう)の木
水牛の角
品番 GHK-5091
製造メーカー 義平刃物
ブランド名 別誂え黒打ち「義平切銘」地型165mm

※手造りの鍛冶商品となりますので、表記の寸法には若干の誤差がございます。
※ほとんどの食材にお使いいただけますが、解凍していない冷凍食品の切り分けや、肉・魚の骨切りには向いていません。

※この包丁(GHK-5091)は義平刃物の新しい銘「ぎへい」を刻印した包丁です。当ページで紹介している写真では一部「義平」の銘の入った写真がありますが、お届けする包丁は、当ページ一番上の写真と同じ銘「ぎへい」が刻印されています。切れ味や使用感については、今までと変わらず、義平刃物の職人が1本1本手造りにこだわって製造しています。

ご購入から1年間有効の研ぎ直しサービス付き